春風亭昇太の年収なら結婚相手に元宝塚ジェンヌを選べるのか?

春風亭昇太

2019年6月30日、落語家 春風亭昇太さんが、日テレ「笑点」緊急生放送にて、結婚の報告をされました!

59歳まで、悠々自適の独身貴族だった春風亭昇太さん

「僕もう還暦じゃないですか。それで1回もしていないのはどうかなというのと、あとは独身(であることが)ネタみたいになっちゃって、落語会でも振ると笑ってもらえるので、やっていたんですけど、ふと『いつまでやっているんだ』と思って、僕自身が飽きたんです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

お相手の女性は『一般の』40歳。…ということでしたが、

実は、春風亭昇太さんのご結婚相手は、元宝塚ジェンヌであることが発覚しました!

一体、元宝塚の、誰なのでしょうか。

また失礼ですが、59歳で結婚となると、経済的な部分の将来を考えて、結婚に対しては躊躇される方も多い気がしますが、いったい年収いくらであったら、自信をもってプロポーズできるのでしょうか?

徹底調査します。

春風亭昇太のプロフィール

春風亭 昇太(しゅんぷうてい しょうた)

本名 田ノ下 雄二(たのした ゆうじ)

生年月日 1959年12月9日(59歳)

出身地 静岡県

血液型 O型

春風亭昇太さんの年収は?

当然と言えば当然かもしれませんが、春風亭昇太さんの年収は非公開とされているようで、はっきりとした情報が、得られませんでした。

概算していくとすれば、

落語家の平均年収

格付けによって幅広いですが、大体550万円~1,000万円程度。

有名になればなるほど、上がっていくともいわれ、春風亭昇太さんはかなり人気のある落語家さんともいえるので、1,000万円程度

日テレ『笑点』の司会料&出演料

(一回につき)

4代目司会 三遊亭円楽 師匠 40~70万円

5代目司会 桂歌丸 師匠 40~70万円

6代目司会 春風亭昇太 40万円

1年を52週間として

40万円×52回=2,080万円

よって約2,000万円程度

寄席などの営業ギャラと笑点の司会&出演料を、少なく見積もっても約3,000万円以上にはなる計算です。

税金など、いろいろ引かれてしまうと思いますが、老後、万一働けなくなったとしても、充分な蓄えができる金額ですね。

ご結婚相手は、元宝塚の○○さん!推定50億円資産のご令嬢

『一般人』だと、お茶を濁していたのに、あっという間にバレてしまいましたね(笑)

お相手の方は、元宝塚歌劇団 雪組 娘役宝珠小夏さんでした。

宝珠小夏さんのプロフィール

宝珠 小夏(ほうじゅ こなつ)

本名 下薗 利依(しもぞの りえ)

生年月日 1959年12月9日(59歳)

出身地 東京都

身長 160cm

血液型 O型

なんと、宝珠小夏さんは推定50億円の資産をもつ、ご令嬢だったことが判明しました!

落語界でもトップクラスの年収を誇るという昇太だが、お相手のお金持ちぶりも桁外れだという。

「彼女の母が理事長を務めている『シモゾノ学園』はトリマーやドッグトレーナーなどを育成する2つの専門学校の経営母体です。法人登記簿謄本(会社の基本情報が記載されている書類)によれば、シモゾノ学園の今年3月時点の資産は約47億4千万円。『青山ケンネル』は彼女のきょうだいが社長ですし、実家の資産は50億円を下らない“ご令嬢”なのです」(経済ジャーナリスト)

引用:https://jisin.jp/entertainment/

春風亭昇太さんも地位も名声もお金もありましたが、宝珠小夏さんもお金持ちのご令嬢で、すごい夫婦ですよね!

これでは、何歳で結婚しようが、心配なんてナッシングですね☆

春風亭昇太さん「嵐にしやがれ」に出演決定!

お祝いムードの春風亭昇太さん、この度、来る8/3(土)夜9時~ 日テレ「嵐にしやがれ」に出演決定いたしました!

なにやら、春風亭昇太さんの自慢のコレクションをご披露くださるそうです。

また新婚さんのご自宅のキッチンも公開してくださるとか?!

気になりますね。

結論:年収いくらなら結婚相手に元宝塚ジェンヌを選べるか

さてここまで、春風亭昇太さんの年収やお相手のプロフィールなど見てきたわけですが、最後に今回のポイントを振り返ってみましょう。

  1. 春風亭昇太さん、59歳にして結婚を決意
  2. 年収は約3,000万円程度
  3. お相手は元宝ジェンヌ
  4. お相手は推定50億円資産のご令嬢

いかがでしたでしょうか。

これからの、春風亭昇太さんと宝珠小夏さんの結婚の門出が、幸多きものになりますよう、お祈りしています。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする