ゆりやんレトリィバァ『会社員』と恋愛ぶっちゃけ【ダウンタウンDX

ゆりやんレトリィバァ

アメリカの某オーデション番組に出たり、ますます活躍中のゆりやんレトリィバァ

8/22の『ダウンタウンDX』で、ゆりやん

会社員との恋愛をぶっちゃけ!?』

番組欄にそう書いてあったのですが…本当でしょうか!?

徹底調査します。

ゆりやんレトリィバァのプロフィール(時々ツッコミます(笑))

ゆりやん レトリィバァ(ゆりやん れとりぃばぁ)

本名 吉田 有里

生年月日 1990年11月1日 (年齢 29歳)

↑111ってすごい誕生日ですね!

出身地 奈良県 吉野町

血液型 B型

身長 159 cm

出身校  吉野町立吉野中学校

奈良県立高田高等学校

関西大学

NSC大阪校35期

職業 お笑い芸人

グループ名 吉本坂46(2018年 – )

↑吉本坂メンバーだったとは!

事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪本部

公式サイト プロフィール

ゆりやんレトリィバァは恋多き女?今までの恋の遍歴

「実際の私生活でちゃんと恋愛したことがなくて…」

恋愛未経験者』をほのめかす、ゆりやん。

しかし、ゆりやんが恋してると噂された男性芸人さんは、数知れず…。

年表風にまとめると…

2015年   天竺鼠の川原克己さん

    アキナの山名文和さん

2017年4月 ジャルジャルの福徳秀介さん(ネタ疑惑あり)

2018年1月 霜降り明星の粗品さん

 3月 霜降り明星のせいやさん

と、次から次へと恋しちゃう!

霜降り明星なんかは、コンビ両方と時間差で、恋に落ちちゃってる…(汗)

でも、『恋愛』ではなく『恋』なのだから、ゆりやんが不実なのでは、ないんですよ。

『恋愛』『恋』の定義の違い

『恋愛の定義』とは、相手がいることが前提。想いあう二人の間で育まれるものが『恋愛』なのだそうです。

要するに、『片思い』は『恋愛』ではない、ということ。『恋』とは言えるけど。

秋元康氏のプロデュースするAKBグループなどのアイドルも、確かルールに『恋愛禁止』とあったと思うけど、

「彼氏を作っちゃいけないけど、『片思い』はいいんだよ。」

と、卒業生の大島優子ちゃんが言っていたのを、うっすら記憶していました。

そういう定義であるなら、付き合うまでに至っていないゆりやんは、確かに、

『恋愛未経験者』

かもしれないですね。

ゆりやんレトリィバァと『会社員』の恋愛の真偽は

ゆりやんの恋愛は『ビジネス恋愛』だと言う人もいます。

『ビジネス恋愛』とは、ネタとして、話題として、注目集める目的で、芸能界の誰かに『恋してるかも』と、自ら吹聴し、注目を集めようとする事のようです。

実ってもネタ、フラれてもネタ、三角関係なってもネタ…とオイシい。

相手が売れてるなら便乗で、こっちも知名度あがって、なおオイシい、

からだそうです。

今回のゆりやんの場合は、どうでしょうか。

今まで通り、芸人さん仲間であれば、その可能性はあるかもしれないですね。

ただ今回は、会社員なので、『一般男性』ってことですよね?

…だとすれば、今度こそ本物の『恋愛』をしているのではないでしょうか!?

『片思い』じゃなくて『恋愛』を。

まさか…、『吉本の自分の担当マネージャー』ってオチじゃないですよね??

どうなの!? ゆりやんっ

真相は、次週の『ダウンタウンDX』で。

【放送後】ゆりやんレトリィバァと『会社員』の恋愛は…

どうやら、情報はガチのようです。

…しかし、『恋愛』にはならず、ゆりやんの一方的な片思いのようです。

ゆりやんは会うたびに、ストレートに

「すき!」

と、アプローチを重ねていたそうです。

彼は、とても優しい人で…

「ごめんね…。ゆりやんを女性として好きになってあげられなくて」

と、逆に謝りながら、しかし優柔不断な態度をとらず、キチンと断ってくれたようです。

ゆりやん…またも失恋。

だけど、優しく且つ誠実な方で、素敵な人に恋に落ちてよかったな、と思いました。

結論:ゆりやんレトリィバァの恋愛成就はまだまだ遠い

さてここまで、ゆりやんの恋多き遍歴や、『恋愛』と『』の定義の違いなどを見てきたわけですが、最後に今回のポイントを振り返ってみましょう。

  1. ゆりやんは恋多き女。恋の遍歴は数知れず
  2. 『恋愛』の定義は二人で成り立つもの。『片思い』は恋愛じゃない
  3. 芸人ではなく会社員の一般男性がお相手
  4. しかし、優しく断られて、またも失恋
  5. だけど、不誠実じ遊ぶような人でなくて、素敵な恋をしたと思う。

いかがでしたでしょうか。

芸能界は令和婚など、おめでた続きなんで、ゆりやんも便乗できるといいですね!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする