真木よう子の実家はどこで兄弟は何人?国籍や出身高校を調査

真木よう子

真木よう子さんと言えば、スレンダーなボディにハスキーボイス。ベリーショートカットが、マニッシュで、逆にセクシーな女優さんですよね。

今夏のドラマ『ボイス』は、迫真の演技で高視聴率を叩き出しましたね!

人気女優の真木よう子さんですが、

個性的な話し方から、

実家はどこで兄弟は何人くらいいるのか

国籍が何処なのか、本名は?

出身高校は?

と、にわかに注目を集めています。

そんなミステリアスな真木よう子さんを、徹底調査します。

真木よう子さんのプロフィール(時々ツッコミます(笑))

真木 よう子(まき ようこ)

本名: Yōko Maki

生年月日  1982年10月15日 (年齢 37歳)

出身地  日本 千葉県印西市

↑プロフィールを見る限り、日本国籍っぽいですね

血液型 A型

身長 160cm

職業 女優・歌手

↑歌手なのは知らなかった!

所属劇団 無名塾(1998年 – 2000年)

事務所 そよかぜ(マネジメント契約 レプロエンタテインメント)

公式サイト 公式プロフィール

真木よう子さんの実家はどこ?兄弟は何人?

真木よう子さんは、千葉県の印西市出身なので、おそらく実家もそこにあるのではないかと思います。

4人兄弟で唯一の娘。兄と2人の弟に囲まれた男兄弟の中で育ちました。

本人曰く、

「男兄弟の中で育ったせいか、男っぽい」

「男(オス)」

「気が強い」

と、自認しているようです。

確かに、真木よう子さんは『男勝り』なイメージですね。

あれは『演技』や『キャラクター』ではなくて『素』なんですね(笑)

お父さんとのエピソードとして、

中学3年生の時に両親に『無名塾』入りと、芸能界入りを相談したところ、お父さんから猛反対を受けてしまいます。

どうしても女優になりたかった真木よう子さんは、

「女優になるのを反対するなら、援助交際してやる!!」

と、お父さんを脅し、芸能界入りの許可をもらったそうです(笑)

無理やりすぎ…(笑)

お父さんも、これには太刀打ちできませんよね(笑)

真木よう子さんの国籍はどこ?本名は

個性的な話し方から、

真木よう子さんは韓国出身なのではないか、

などと噂が飛び交いました。

本名も『真木 よう子(まき ようこ)』ではなく、『金森蓉子(カネモリ ヨンジャ)』とも…。

これは本当でしょうか?

公式プロフィールにもウィキペディアのも言及されておらず、真偽はまったく不透明です。

ただ、言えることは、

もし真実であって、本人も知られることに抵抗がないのであれば、公式な場所に明記すると思います。

ということは、ニセ情報の可能性は大ですね。

仮に真実であったとして、本人が『触れてほしくない情報』なのであれば、非公表にすると思いますので、闇雲に晒さないのが『お約束』というものでしょう。

真木よう子さんの出身高校は

調べてみましたが、結論から言うと、

真木よう子さんは、高校へ進学していない、というのが有力な情報のようです。

千葉県印西市出身の真木よう子さんの卒業した中学校は、印西市立木刈中学校であることが判明しました。

中学校卒業後、すぐに劇団『無名塾』に入塾しました。

1999年~2000年、入塾二年目にして無名塾公演『どん底』で、重要な役どころであるナターシャ役に大抜擢されます。

この時、半年間の旅公演に回ったそうです。

1999年~2000年といえば、真木よう子さんは17~18歳

旅をしていたなら、学校には通えませんよね…。

このことから、真木よう子さんは高校へは通わず、芝居に専念していた、ということになるでしょう。

もしかしたら、話し方が個性的なのは、10代の頃に同世代の友達とおしゃべりする機会がなかったから、なのかもしれませんね。

結論:真木よう子さんは千葉県出身で青春を芝居にささげた人

さてここまで、真木よう子さんの実家や兄弟構成、国籍や中学卒業後など見てきたわけですが、最後に今回のポイントを振り返ってみましょう。

  1. 国籍は日本。千葉県印西市出身。おそらく実家も其処
  2. 4人兄弟の2番目。兄と2人の弟の男兄弟に囲まれ、男勝りに育つ
  3. 女優になるために、猛反対したお父さんを脅迫する
  4. 高校にはおそらく進学していない。芝居に青春を捧げる

いかがでしたでしょうか。

10代で一番青春を感じる高校に進学せずに、芝居に打ち込むなんて、役者への本気度が伝わりますね。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする