元宝塚のACHOUの現在は?有吉反省会で過去の問題発言を反省か

ACHOU

次週の有吉反省会で元宝塚ACHOUさんが出演します。

ACHOUさんといえば、宝塚のヤバい裏話や嫌いな宝塚の先輩など、歯に衣着せぬ問題発言が多いキャラクターの人ですよね。

今回は、何を反省しに来たのでしょうか。

現在ACHOUさんは何をしているの?もしや、また新たな問題発言が!?

徹底調査します!

ACHOUさんのプロフィール

ACHOU(あちょう)

旧芸名:華央 あみり(かお あみり)

生年月日 1983年11月24日 (年齢 35歳)

出身地 広島県因島市

血液型  B型

身長 170cm

職業 女優

事務所 株式会社ニューゲートプロダクション

公式サイト ACHOUオフィシャルブログ

ACHOUさんの宝塚時代は?

2000年に宝塚音楽学校に入学。88期生。

2002年宝塚歌劇団に入団。星組公演『プラハの春』/『LUCKY STAR!』で初舞台。その後、月組に配属。

2013年3月24日(『ベルサイユのばら – オスカルとアンドレ編 -』の東京公演千秋楽)付をもって宝塚歌劇団を退団。

退団後、現在の芸名に改名し、芸能活動を開始。

引用:wikipedia

現役時代から、けっこう個性的な人だったようです。

高校時代、ヤンキーだったという噂も、あっけらかんと肯定されました(笑)

また宝塚現役時代にも関わらず、

『リーマンショックの日本経済を救う』

という面目で、外国人と6股で付き合っていたそうです。

6股って…(笑)

それは、男性だったのか女性だったのか、非常に興味深いところ。

さらに調べてみると、

「イタリア人が紳士的で一番よかった」

という発言をされているので、ACHOUさん個人的には、『男性』とのお付き合いが好みだったんでしょうね。

しかし、いっこうに日本経済が潤わなかったので、6股はすぐにやめてしまったそうです(笑)

なんだか、発想がぶっとんでますよね。

学生時代から数えると約13年ほど宝塚に在籍していたようですが、

退団直前に、

「お前らの下でなんかやってらんねぇ!!」

宝塚の理不尽な上下関係の厳しさについて、言いたいことをぶちまけて、ひと悶着おこしてから去っていったのだそうです。

勇気のある人ですね。

ACHOUさんの宝塚退団後の問題発言とは

退団後は、テレビ番組などで退団理由や宝塚の体制などを隠すことなく、

「理不尽すぎる厳しい上下関係が嫌だった」

「イジメなども普通に横行していた」

「グチグチいう宝塚先輩Hは嫌い」

などと赤裸々に告白されたことが、宝塚関係者や熱狂的なファンの感情を逆撫でしてしまった結果になり、

「宝塚の品格を落とさないでほしい」

と大バッシングに遭われたようです。

宝塚の有力者がテレビ局に動いたのかどうかは、定かではありませんが、問題発言以降、ACHOUさんを、あまりテレビでみかけなくなりました。

私個人の意見というか感想ですが、私も、

『体育会系のノリの理不尽な厳しい上下関係』

大嫌いです!

その道の先人しかわからない実技、そして習得後は、かならず理解できることなら、

『いいから、やれ!』

というのはわかります。でも、

『黒いカラスを白いと言え』

は嫌ですね。

下の者を貶めたり、イジメたりすることを『伝統だから』とか言って守り続けるのは、はっきりいって社会問題です。

「虐待」「イジメ」「働き方改革」「パワハラ」

そんな昔から

「どうにもならないこと」

と、目を背けてきた問題を、今の世の中、やっと向き合っているんです。

人を貶めたり、理不尽な命令で抑えつけたりすることを『伝統』として、それを『品格』といってる団体を、嫌だと思うことは間違っていないし、辞めていいと思います。

そして受けた虐待は、隠す義理はないし、公にしていいと私は思います。

次週の『有吉反省会』の放送予定は

次週の『有吉反省会』の放送予定は、

日テレ 2019年9月28日(土)  23時30分~

です。お見逃しなく!

結論:ACHOUさんの問題発言は発言したことが問題ではない

さてここまで、ACHOUさんの宝塚時代の破天荒なところ、そして退団前後の問題発言を見てきたわけですが、最後に今回のポイントを振り返ってみましょう。

  1. 宝塚時代からACHOUさんは破天荒。元ヤンキーを肯定
  2. 日本経済を救うという面目で外国人と6股
  3. 宝塚の理不尽な上下関係が嫌で、ぶちまけてから退団
  4. 退団後もあらゆるテレビ番組で宝塚内部の問題を暴露

いかがでしたでしょうか。

次週の『有吉反省会』でも、ぶっちゃけたトークを期待しています(笑)

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする