フグ田ヒトデ役の女優は誰?桜田ひよりを迎えた新しい『サザエさん』

桜田ひより

11月24日に、国民的アニメ「サザエさん」放送50周年記念として、磯野家の20年後を描くスペシャルドラマ フジテレビ系「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」に、新しい家族が登場します。

その名も『フグ田ヒトデ』。

なんと、タラちゃんの妹なんです!

時代背景は少しずつ変わりつつも、何十年も、家族構成や年齢を止めた『ご長寿アニメ』なだけに、なんだか不思議な感じがします。

サザエさん』の新たな登場人物となる女優さんの名は、桜田ひよりさんです。

桜田ひよりさんとは!?プロフィールは!?

徹底調査します。

桜田ひよりさんのプロフィール

桜田 ひより(さくらだ ひより)

生年月日 2002年12月19日(16歳)

出身地 千葉県

血液型 A型

身長 159 cm

職業 女優(元・子役)、モデル

事務所 研音

公式サイト 桜田ひより オフィシャルサイト

桜田ひよりさんは、どんな人?

幼い頃は、クラージュ・キッズに所属。『成田ひより』の名で、主にモデルとして活動していたそうです。

小学4年生の時に、女優を目指し、芸能事務所の『研音』のオーディションに応募したのをきっかけに、事務所を移籍

以後『桜田ひより』改名、子役として活動をはじめます。

2014年1月~のテレビドラマ、日テレ『明日、ママがいない』の鳥羽直美(ピア美)役で、児童養護施設に暮らす子どもたちの一人を演じ、この作品が出世作となります。

2017年、テレビドラマ『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』で初主演をつとめ、また映画版でも主演をつとめ、着実に知名度をあげていきます。

2018年には、ティーン向け雑誌『Seventeen』(集英社)の専属モデルに。

オーディションで、応募総数3437人の中から選ばれました。

漫画『サザエさん』の幻のキャラクター『フグ田ヒトデ』が令和に出現

『フグ田ヒトデ』は、1954年に発刊された雑誌『漫画読本』(文藝春秋)の創刊号に掲載された一コマ漫画「サザエさん一家の未来予想図」に1度だけ登場しました。

その後、アニメや漫画には一切登場していない、レアなキャラクターでした。

フグ田ヒトデちゃんは、サザエさんが生んだ娘、タラちゃんの妹です。

65年の時を経て、2019年の令和の今秋、『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』で、ようやく登場するのです!

なんだか感慨深いですね…。

それでは、1954年のフグ田ヒトデちゃんの登場する一コマ漫画「サザエさん一家の未来予想図」を、見てみましょう。

『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』放送予定は

『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』の放送予定は、

フジテレビ系 11月24日よる8時~9時54分

です。お見逃しなく!

結論:フグ田ヒトデを加え『サザエさん』も新たな時代へ

さてここまで、『サザエさん』のフグ田ヒトデ役の桜田ひよりさんを見てきたわけですが、最後に今回のポイントを振り返ってみましょう。

  1. フグ田ヒトデちゃんはタラちゃんの妹
  2. フグ田ヒトデちゃん役は、子役・モデルの桜田ひよりさん
  3. フグ田ヒトデちゃんは、1954年、一コマ漫画「サザエさん一家の未来予想図」に1度だけ登場
  4. 令和の時代に『サザエさん』の時が動き、フグ田ヒトデちゃん再来

いかがでしたでしょうか。

『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』は見逃せませんね!

とっても楽しみです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする