清塚信也が2bro好きすぎて曲に!ゲーム好きはスパルタ教育の反動か

清塚信也

TBS系 金曜ドラマ『コウノドリ』ピアノテーマで、脚光を浴びている、ピアニストの清塚信也さん。

過去には、ドラマ『のだめカンタービレ』で玉木宏さんや、映画『神童』で松山ケンイチさんの、吹き替え演奏もされていました。

実は清塚信也さん、あの有名な2broの大ファン!

2bro』とは、Youtubeでゲーム実況をメインに活動しているグループで、現在、ものすごく注目されています。

清塚信也さん、2broがあまりにも好きすぎて、を作って、2broとコラボしちゃいました。

2broの動画がきっかけで、大のゲーム好きになってしまったようです。

幼少の頃は、プロのピアニストを目指すために、お母さんから、壮絶なスパルタ教育を受けたとか。ゲーム好きはその反動なのでしょうか。

いったいどんなスパルタ教育を受けたのか、

また、2broと出会い、どんなでコラボしたのか

徹底調査します。

清塚信也さんのプロフィール

清塚 信也(きよづか しんや)

生年月日 1982年11月13日(36歳)

出身地 東京都

出身校 桐朋女子高等学校音楽科(共学)

モスクワ音楽院(留学)

職業 ピアニスト・作曲家・俳優

レーベル ユニバーサルミュージック

事務所 トライストーン・エンタテイメント

公式サイト トライストーン

ユニバーサルミュージック

【ピアニストの他に俳優も】

映画『さよならドビュッシー』(2013年)で主演を務めました。

清塚信也さんのお母さんからの壮絶なピアノのスパルタ教育

日本人のお父さんと、韓国人のお母さんとの間に、清塚信也さんは生まれました。

音楽に否定的だったお祖母さんの影響で、お母さんは好きな音楽の道へ進めず、息子である清塚信也さんと、娘であるお姉さんに夢を託しました。

お姉さんはバイオリンを、清塚信也さんはピアノを習う事になるのですが、もしも現在なら『虐待』ととられかねない程の、壮絶なお母さんのスパルタ教育を受けることになるのです。

1.『今笑うな!人生の後半で笑え』

小学校低学年の頃、清塚信也さんとお姉さんが、遊んで笑っていると、お母さんに怒鳴られました。

「笑う暇があったら練習しろ!今笑うな!人生の後半で笑え」

そして続けて、

「あなた達は音楽家になれなかったら、生きていかなくていいです」

と言われたらしいのです…。怖い…

2.『人はいつかず~っと寝るときがくるんだから今は起きなさい!』

小学校2年生の頃、朝5時に起きて、朝練をしなくてはならなかったのです。

子供ですから当然、眠くて起きられない日もありました。

そんな時、お母さんは、

「いい?人はいつかず~っと寝るときがくるんだから、今は起きなさい!」

と。

確かに中国で、似たような格言がありましたが…、厳しいですね(泣)

3.一日5時間以上のレッスン。中学生になるころには10時間は当たり前に

ソルフェージュで聴音したり、過密なスケジュールのレッスンを受けたり。耳から指先にいたるまで、すべてを訓練するという内容でした

引用:https://jp.yamaha.com/

【ソルフェージュとは】

音楽の基礎的な訓練で、楽譜を見て、ドレミで歌ったり、リズムを打ったりすることで、歌う心やリズム感を養うことのようです。

また、清塚信也さんは、こんなことも言っています。

「…音楽を聴いたり、発見したりすることで得られる喜びは感じ取っていましたが、その気持ちに浸っていられるのは5時間以上ある練習のうち、ほんの40分程度でしたね(笑)」

引用:https://jp.yamaha.com/

つまり、レッスンは5時間以上にも及んだということですね…。

中学生になる頃には、練習時間は10時間が当たり前、普通なら週に一度のレッスンも、清塚さんは3、4日に一回という頻度で受けていたそうです。

ん~…何か精神疾患を抱えそうな、スパルタぶりですが(汗)

メンタルを保てたのは、『お姉さんがいたから』とも、清塚信也さんは語っています。

実はお姉さんと結託して、母の留守を見計らい、交代で遊んでいたこともあったそうです。

絶対音感を活かして、お母さんの足音が聞こえたら、

お姉さんが見張り番の時は、バイオリンで信也さんに向けて『シ・ソ・シ・ソ』(シンヤの意味を込めて)と、

信也さんが見張り番の時は、ピアノでお姉さんに向けて『ミ・ド・ミ・ド』(お姉さんの名前ミヤの意味を込めて)と、

互いに知らせ合いながら、お母さんの監視の目をかいくぐって、息抜きをしていたようです。

さすが…というか、ちょっとホッとしました(笑)

清塚信也さんが多忙な中で2broの動画との出会い

なるほど(笑)

ミイラ取りがミイラに的な流れですね。

2broの動画は、5分でも時間があったら見ちゃうそうです。

ゲームが好きな人ほど、首をかしげるでしょうね。

「人がゲームをやってるのを、見るのが楽しいんですか?」

と。

確かに普通はそうですね。でも、2broの動画は、

「楽しんで見ることができるレベル」

にまで、昇華しちゃっているらしいです。

確かに観てみると、いわゆる一人ないし二人程度のYoutuberが、ガチャガチャしながら実況している感じではなく、

しっかりした滑舌の声優さんが、しゃべってくれてる感じ

でした。

そして、ゲーマーが、何を好んで観たいのかを、しっかりリサーチして『ツボ』を攻めた配信をしているところが、清塚信也さんのハマりどころのようです。

清塚信也さんのアルバム『SEEDING』の中に

『Members』という曲中に、メンバー紹介が流れます。

それが、兄者弟者おついちの声が入っている感じでした。

このコラボは、ファンには堪らないかもしれません!

Youtubeで見つけたので、ご視聴ください。

清塚信也さんが次週の『しゃべくり007』にゲスト出演

次週のしゃべくり007清塚信也さんがゲスト出演することが決定しました!

日テレ 2019年9月23日(月)  22時00分~

です。お見逃しなく!

結論:清塚信也さんにとって2broは運命の出会いだった!

さてここまで、清塚信也さんのスパルタ教育経験や、2broとの出会い&良さを見てきたわけですが、最後に今回のポイントを振り返ってみましょう。

  1. 天才ピアニストと呼ばれるには、お母さんの壮絶なスパルタ教育があった。
  2. メンタルが崩壊しなかったのはお姉さんの存在のおかげ
  3. 忙しいから、とゲーム実況をと2broに出会う。逆効果でゲームがやりたくなってしまう
  4. 好きすぎて、2broと曲のコラボ!『members』は、ファンには堪らない名曲に

いかがでしたでしょうか。

清塚信也さん、ピアノ以外に『好きだ』と思えるものに出会えて良かったですよね。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする