伊原六花『ホンマでっかTV』で彼氏への復讐劇に背筋ゾク!

伊原六花

2017年に、荻野目洋子さんや郷ひろみさんと、紅白歌合戦などで共演した『バブリーダンス』を憶えていますか?

あの『バブリーダンス』を踊っていた、大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテン 伊原六花さんが、なんと女優さんになってました!

TBSドラマ『チア☆ダン』(2018年7月13日~9月14日)にドラマ初出演され、

そして現在、放送中の朝ドラ『なつぞら』森田桃代役で出演しています!びっくりですね。

そんな伊原六花さんですが、次週の『ホンマでっかTV』にゲスト出演されます。

テーマは、

『真夏に背筋も凍る 男と女の事件簿2019』

ぇぇ~…、絶賛売り出し中の女優さんがゲストなのに、このテーマは刺激強いんじゃ…(汗)

彼氏への復讐劇、浮気にまつわる怖い事件、男女のもつれからくる事件簿が、次々と出てくるとか!

背筋ゾク!っとしちゃいますよね?!

下手な怪談話より、怖い~~(汗)

伊原六花さんのプロフィール

伊原 六花(いはら りっか)

生年月日 1999年6月2日 (年齢 20歳)

出身地 大阪府 大阪狭山市

血液型 A型

身長  160 cm

出身校 大阪府立登美丘高等学校

職業 女優

事務所 フォスター

公式サイト 公式プロフィール

バブリーダンスとは?伊原六花さんはどんな人?

バブリーダンス』とは、

2017年8月に、大阪府立登美丘高等学校 ダンス部が『日本高校ダンス部選手権』で踊ったダンス。

そのインパクトと面白さ(懐かしさ?)で一気に大ブレイク!『バブリーダンス』はテレビで荻野目洋子さんとコラボするなどして、注目を集めました。

たしか、2017年のレコード大賞で、荻野目洋子さんと、紅白歌合戦で郷ひろみさんと、コラボしたと記憶しています。

その時の動画を…と思いましたが、せっかく大阪府立登美丘高等学校 ダンス部がYouTubeにアップしてくださったので、こちらを貼っておきたいと思います。

伊原六花さんは何処にいるかというと、ちょうどサビの部分で、センターで踊ってる赤い服の方だと思います。 (たぶん…(汗))

伊原六花さんは、当時のキャプテンだったようです。

もちろん、振付師のakaneさんも指導してくれたでしょうが、あれだけの人数をまとめるのは、大変だったと思います。

AKBグループは、一部の選ばれた子だけが歌って踊っているので、ひょっとしたらAKBグループよりも、まとめるのは難易度高かったかもしれません。

  • リーダーシップがあって、
  • センターを務めるだけの存在感があって、
  • 観客の前やテレビで踊っても、あがって失敗したりもしなかった、

伊原六花さんは、ものすごく度胸がある人だと、私は感じました。

『ホンマでっか!?TV』の彼氏への復讐劇とは

…そこは番組の『肝』なんで、予告動画あっても見せないと思いますので、

ここからは、まるっと予想するしかないのですが…。

彼女が、彼氏に復讐するわけですよね…?

愛する人をそこまで憎むには、『裏切り』があったからですよね。

例えば、

『浮気』『二股』『フラれる』『借金のカタに売られる』など。

ただね…

『人間の憎しみ』って、親しければ親しいほど、大きくなるものなんですよ。

『親子』『兄弟姉妹』『夫婦』『恋人』『親友』

この辺になると、『なんで??』って理由でも、憎まれちゃうわけです(汗)

どうしてかというと、それは…

心を『大きなバケツ』と想像してください。

そこに『彼氏への愛』が、いっぱい溜まっているとします。

何かのきっかけに…例えば、彼氏の浮気とか、問い詰めたとしましょう。開き直られた時、バケツの中の愛は、減ります。

人間の脳は、『減ってる場所を埋めたくなる性質』を持っているんです。

減った愛の代わりに、何で埋めるか…それは、

『憎しみ』

なんです。

ハナから、愛の入っていないカラのバケツは、入っていないことが『常』なので、脳は反応しません。

でも、一度でも愛を満タンに溜めてしまうと…。

人間の『脳』と『情』の相乗効果って、本当に怖いですね(汗)

と、ここまでが、彼氏への復讐劇の背景を、私が予想したのですが、

著名な教授達は伊原六花さんに、どのような彼氏への復讐劇を語ってくれるのでしょうか!

次週の『ホンマでっか!?TV』が待ち遠しいですね!

次週の『ホンマでっか!?TV』の放送予定は

次週の『ホンマでっか!?TV』の放送予定は、

フジテレビ 2019年8月21日(水)夜9時~

です。お見逃しなく!

結論:伊原六花さんは、男女の愛憎劇に巻き込まれるのか?!

さてここまで、伊原六花さんの『大阪府立登美丘高等学校 ダンス部』時代の映像や活動、男女の愛憎劇の起こるメカニズムなどを見てきたわけですが、最後に今回のポイントを振り返ってみましょう。

  1. 伊原六花さんは、既に朝ドラ女優として活躍中
  2. 実は『バブリーダンス』の、大阪府立登美丘高等学校 ダンス部の元キャプテン
  3. 男女の愛憎劇は、愛した分だけ憎しみも大きくなる。

ここから推察すると、責任感もあり、まとめる力もあり、常に全力投球で取り組む、伊原六花さんは、『のめり込むとやばい』タイプかもしれません…。

時には肩の力を抜いて、『な~んにもしない日を作ってみるのもいいかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする