ココリコ田中の野球部時代バッテリー『たーやん』【あいつ今何してる

田中直樹

実は中学時代、野球部のエースでキャプテンだった『ココリコ田中直樹さん。

田中直樹さんとバッテリーを組んでいた秀才同級生の『たーやん』が、8/28『あいつ今何してる』に登場しました!

『バッテリー』とは

野球用語で、投手と捕手、つまりピッチャーとキャッチャーの組み合わせのことをいいます。

たーやん』は、田中直樹さんのどんな野球部時代の逸話を語って下さるのでしょうか。

ココリコ 田中直樹さんのプロフィール(時々ツッコミます(笑))

田中 直樹(たなか なおき

生年月日 1971年4月26日 (年齢 48歳)

出身地 大阪府 豊中市

血液型 A型

身長 181 cm

出身校 大阪デザイナー専門学校

↑デザイナー目指してた?(汗)

配偶者: 小日向しえ (2003年 – 2017年)

職業 お笑い芸人

コンビ名 ココリコ

相方 遠藤章造

事務所 吉本興業 東京本社

↑大阪出身でありながら、東京本社の吉本興業所属

『ココリコ』コンビ名の由来は?

テレビの吉本興業のオーデション番組に出場し、めでたく合格し、

ココリコボンバーズ

を結成しました。

何故、『ココリコボンバーズ』にしたのでしょうか。

現在は『ココリコ』ですが、変更のきっかけは何だったのでしょうか。

コンビ名の由来は、やはりそれも2人の中学校時代でした。

中学生の部活帰りの時、拾ったシステム手帳に書かれていた

『喫茶ココリコで待ち合わせ』

からでした。

それを落とし主に届けたところ、謝礼として1万円を貰い、縁起のいい名前として付けたのです。

「ボンバーズ」とは、当時「ン」がつくコンビ名は売れるというゲン担ぎで付け足したのでした。

しかし、後に極楽とんぼの加藤浩次さんからアドバイスを受け「ボンバーズ」を無くし現在のコンビ名『ココリコ』になったのです。

秀才同級生『たーやん』が語る田中直樹の野球部時代とは

野球部のエースでキャプテン、いわゆる『文武両道』だった田中直樹さん。

田中直樹さんはキャッチャーでした。田中直樹さんとバッテリーを組んでいたのは、こちらも秀才だった同級生『たーやん』でした。

秀才がゆえに『たーやん』は、田中直樹さんのサインには、いつも首を振っていたそうです。

堅実に熟考していたのでしょうね。

結論:『たーやん』が語る田中直樹さんの逸話は!?

さてここまで、秀才同級生の『たーやん』が、田中直樹さんのサインに首を振った事実などを見てきたわけですが、最後に今回のポイントを振り返ってみましょう。

  1. 田中直樹さんは、エースでキャプテンだった。
  2. 『たーやん』も秀才だった。
  3. 『たーやん』は、田中直樹さんのサインに、いつも『NO』を示していた

いかがでしたでしょうか。

『ココリコ』さんの中学時代は、楽しく輝かしい青春時代だったのでしょうね!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする