才川コージのうさぎ半裸ピンヒール姿がやばい!筋肉は父親の遺伝か

 

映画に舞台に、ずば抜けた運動神経と筋肉で注目を集めている才川コージさん。

 

昨年の舞台『十二大戦』の憂城役でも、

 

『やばかった…(汗)』

 

と、話題騒然でした。

 

迫真の演技は勿論のこと、衣装がかなり衝撃的だったんです!

なんと、『うさぎ半裸ピンヒール姿』だったとか…。

すごいですね。これは観てみないと…(汗)

 

スポーツに長けた才川コージさん、衣装はヤバかったが、筋肉は最高だったとか!

筋肉父親譲り』と、もっぱらの噂ですが、お父さんは一体どんな方なのでしょうか。

 

徹底調査します!

才川コージさんのプロフィール(時々ツッコミます(笑))

 

才川 コージ(さいかわ コージ)

生年月日 1995年3月11日(24歳)

出身地  東京都

 

身長 175 cm

血液型 O型

足のサイズ 30cm

↑足でかっ

 

職業 俳優・タレント

 

ん?あれ…?所属事務所が…

独立したのでしょうか。

 

 

才川コージさんはどんな人?お父さんは?

 

 

 

日本で育ったため、英語は話せませんが、アメリカ人のお父さんと日本人のお母さんとのハーフの才川コージさん。

どおりで、彫りの深いイケメンさんだと思いました。

 

ハーフだと、私たちは先入観で、

 

「英語が話せるもの」

 

と思ってしまうので、話せない才川コージさんは、苦労したと思います。

 

また前述、

 

『筋肉は父親譲り』

 

と言われる所以ですが調べたところ、なんとお父さんは、キックボクシングの元選手で、全米チャンピオンだったそうなんです!

 

すごいですね!

 

才川コージさん自身も、スポーツ万能、趣味は『運動』というくらいで、水泳、陸上競技、テニス、スケートボードなどを得意とします。

 

また、

パルクール、trickingなどのアクロバティックアクションも得意なようです。

才川コージさんの『うさぎで半裸でピンヒール姿』

 

舞台『十二大戦』とは、西尾維新によるファンタジー小説が、昨年舞台化しました。

 

あらすじ

どこかの世界。十二年に一度、十二支の戦士が集い争う「大戦」があった。

その名は、『十二大戦』。今回は十二回目。

 

頂点に立った一人は「どうしても叶えたいたったひとつの願い」を成就する事が出来る。

十二人の戦士はそれぞれの想いを胸に、戦場に赴く。殺し殺される戦士達の物語。

引用:wikipedia

 

才川コージさんは、憂城(うさぎ) – 「卯」の戦士役

 

欲しいものは『お友達が欲しい』。

肩書きは『異常に殺す』。

 

結構な筋肉をしており、バニーガールの男性版とでもいうべき上半身裸でホットパンツとサスペンダー、巨大なウサギの尻尾の飾りとうさ耳カチューシャを付けている。

 

両腕に持った大鉈「三月兎」と「白兎」を武器にする。

殺した相手と本人に曰く「お友達」になれる(使役できる)能力『死体作り(ネクロマンチスト)』の使い手。

 

で、舞台衣装が、こちら↓

 

 

憂城

出典:https://mangamichi.thebase.in/

 

原作読んでなくても、舞台観てなくても、ひと目で、

 

「ヤバいやつだ…」

 

って、わかりますね(汗)

 

舞台公演は残念ながら、昨年で終わってしまいましたが、Blu-ray&DVDは絶賛発売中のようです。

 

 

 

 

結論:才川コージさんの今後も筋肉を活かした活動を

さてここまで、才川コージさんのお父さんの英雄ぶりや奇抜な舞台衣装のハマりっぷりなどを見てきたわけですが、最後に今回のポイントを振り返ってみましょう。

 

  1. 彫りの深さはアメリカ人と日本人のハーフだから。しかし英語は話せず
  2. スポーツ万能な筋肉美が自慢。パルクールなどのアクロバティックアクションも得意
  3. 舞台『十二大戦』で、奇抜な舞台衣装がヤバいくらいハマる!
  4. しかし筋肉美には、多くの称賛を得た。

 

いかがでしたでしょうか。

今後の活躍に注目したいですね!

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました