荻野目洋子『あいつ今なにしてる?』でデビュー当時の恩人に再会

荻野目洋子

『ダンシング・ヒーロー』など多くのヒット曲で知られ、2017年頃に『バブリーダンス』と共に再ブレイクを果たした荻野目洋子さん。

次週の『あいつ今何してる?』に登場します。

デビュー当時恩人再会するのだとか。

荻野目洋子さんと再会する恩人とは一体どんな方なのでしょうか。

荻野目洋子さんのプロフィールなどをおさらいしつつ、

徹底調査します。

荻野目洋子さんのプロフィール(時々突っ込みます(笑))

荻野目 洋子(おぎのめ ようこ

出生名 荻野目 洋子

別名 辻野 洋子(本名)

生年月日 1968年12月10日 (年齢 50歳)

出身地 千葉県

↑ご実家は台風被害は大丈夫だったのでしょうか…

血液型 B型

身長 160 cm

出身校 堀越高等学校卒業

著名な家族 配偶者:辻野 隆三 (2001年~)(元プロテニス選手)

 姉:荻野目慶子(女優)

↑どちらも人気の『美人姉妹』だった。 

職業 歌手・女優・タレント・声優

↑あだち充原作の人気漫画『みゆき』の、『若松みゆき』(妹の方)のCV担当

レーベル ビクターエンタテインメント

事務所 ライジングプロダクション

荻野目洋子さんはどんな人?80年代アイドル

小学生ユニット 「ミルク」時代

1978年(昭和53年)小学4年生の頃、テレビ番組『ちびっこ歌まねベストテン』(東京12チャンネル(現:テレビ東京))に出演していたところをスカウトされて、芸能界デビューしました。

同じ番組に出演していた2人と小学生ユニット「ミルク」を結成。

79年4月に「ザ・あれからいちねん」、80年8月に「リトル・キッス」

と、2枚のシングルをリリース。

「今からこの世界に浸かってしまうと勘違いしてしまう」

と考え、芸能活動を休止し、学業に専念することを決意したのは、11歳の夏でした。

11歳だったら、後先考えずに芸能界入りを喜んで、浮かれてしまいそうですが…(汗)

荻野目洋子さんは、子供の頃からしっかり者だったんですね。

まさかの『スタ誕』落選!しかしそれが本気になるきっかけに

荻野目洋子さんが、再び芸能界に目を向けたのは中2の時。

歌への思いを断ち切れず、『スター誕生!』(日本テレビ系)に応募します。

しかし、なんと落選してしまったのです(汗)

落選したことが悔しくて、より本格的に、歌やダンスのレッスンに打ち込んだのだそうです。

小学生時代から、歌唱力に定評のあった荻野目洋子さんでしたから、『落選』は相当ショックだったでしょうね…(汗)

でも、そこからさらに歌唱力を磨き、ダンスにも真剣に取り組んだ荻野目洋子さんだからこそ、ブレイクし、更に時を経た現在でまた、再ブレイクしたのでしょうね。

当時は、

松田聖子さん、中森明菜さん

堀ちえみさん、石川秀美さん、

早見優さん、松本伊代さん…

と、『アイドル黄金時代』といっても過言ではないくらい、人気のアイドルは沢山いました。

歌がうまいだけでは人気は上がらず(むしろ、歌は二の次だったような(汗))、容姿はもちろん、バラエティタレント性なども重視されていました。

といっても現在の、

AKBグループや坂系グループのほうが、求められるタレント性のハードルは高い(汗)

と私は思いますが…。

昭和の時代は昭和の時代で、

「芸能活動は『ブラック』で当たり前。人気が出れば、年中無休&睡眠時間3時間以下。」

ってのが『芸能人』だったので、大変そうではありました。

ブレイクのきっかけはテレビアニメ『みゆき』のヒロイン役

一方、同時期に応募していたキティ・フィルム製作の映画『ションベン・ライダー』のオーディションでは次点となり、

それがきっかけで、同じキティ・フィルム製作のテレビアニメ『みゆき』(フジテレビ系/83~84年)の『若松みゆき』(妹の方)役の声優に抜擢されました。

この『みゆき』が大ブレイク。

原作は、あだち充さんで野球漫画『タッチ』も、同時期くらいにヒットしていました。

ここから、荻野目洋子さんの知名度があがったのだと思います。

歌手としてのデビュー曲「未来航海-Sailing-」はオリコン32位まで上昇し、まずまずのヒットを記録しました。

しかし、そこから1年半ほどは伸び悩みます。

そんな荻野目洋子さんに転機をもたらしたのが、あの『ダンシング・ヒーロー』でした。

「ダンシング・ヒーロー」はイギリスの曲を日本語カバーした曲であり『ユーロビート』という曲ジャンル、『バブリーダンス』の生まれた『ディスコ』(現在で言う『クラブ』)で、流されるタイプの曲でした。

それまでは、ポップスだった荻野目洋子さんの、大きなイメチェンであったことは言うまでもありません。

これが大ヒット!

ずば抜けた歌唱力とキレのあるダンスの『実力派アイドル』として、荻野目洋子さんの名は世間に広まったのです。

2017年の再ブレイクも『ダンシング・ヒーロー』

この曲と荻野目洋子さんは、何か深い縁がありそうですね。

関連記事 伊原六花『ホンマでっかTV』で彼氏への復讐劇に背筋ゾク!

荻野目洋子さんのデビュー当時の恩人とは

次週の『あいつ今何してる?』で感動の再会を果たすのは…

荻野目洋子さんのデビュー当時、名古屋でCM撮影があった時のこと。

慣れない土地のスタジオで、初めて会うスタッフだらけで、荻野目洋子さんはものすごく緊張していたそうです。

新人だった荻野目洋子さんを気にかけてくれる人もいませんでした。

その時、とても親切に良くしてくれたメイクさんがいたそうです。

オネエ系だったそのメイクさん。

名前さえもわからずじまいのまま、33年が経過してしまいました。

名前がわからず…33年前にたった一度出会った恩人を、

『あいつ今何してる?』の番組が、総力を挙げて徹底調査し、奇跡的に発見したのだそうです!

奇跡の再会の果てに、メイクさんの目に涙…感動の結末が!

これは、見逃せないですね☆

次週の『あいつ今何してる?』の放送予定は

次週の『あいつ今何してる?』の放送予定は、

テレビ朝日 2019年11月6日(水)  19時00分~

です。お見逃しなく!

結論:荻野目洋子さん『ダンシング・ヒーロー』が運命の曲だった!

さてここまで、荻野目洋子さんの経歴や恩人とのエピソードを見てきたわけですが、最後に今回のポイントを振り返ってみましょう。

  1. 小学生時代、グループ『ミルク』で芸能活動していた。勉強に専念するため活動を休止
  2. 『スタ誕』でまさかの落選。歌やダンスを本格的に習い始める
  3. テレビアニメ『みゆき』でヒロイン役に抜擢。声優として知名度を得る。
  4. 1年以上売れない時期を重ねるも、あの『ダンシング・ヒーロー』で大ブレイク
  5. 恩人はオネエ系のメイクさん。デビュー当時に名古屋で知り合う。名前わからず…

いかがでしたでしょうか。

恩人のメイクさん、きっと、荻野目洋子さんの再ブレイクを、喜んでいたでしょうね。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする