高畑充希のドラマ10月は『同期のサクラ』のあらすじとみどころは

高畑充希

まだまだ残暑厳しいですが、秋の到来ですね。

そろそろ新ドラマが気になる頃です。ドラマは大体は、10月から始まるものが多いでしょうか。

日テレでは、『過保護のカホコ』の脚本家 遊川和彦さんと高畑充希さんの、いわゆる『カホココンビ』が、新作『同期のサクラ』で、またまた登場!

『これは絶対面白い!』と、かなりの注目を集めています。

新作『同期のサクラ』は、一体どんなあらすじなのか、みどころは何処なのか、改めて高畑充希さんのプロフィールを復習しつつ、徹底調査します!

高畑充希さんの プロフィール

高畑 充希(たかはた みつき)

別名義 みつき

生年月日 1991年12月14日(27歳)

出身地 大阪府東大阪市

血液型 AB型

身長 158 cm

出身校 法政大学 キャリアデザイン学部卒業

職業 女優、歌手 ←歌手!? 知らなかった…

事務所 ホリプロ

公式サイト ホリプロオフィシャルサイト -高畑充希-

高畑充希さんはどんな人?

小学生の頃より舞台女優を目指し、小学校から中学校までの間に舞台や芸能事務所のオーディションを十数回も受けて、全て落ちていたそうです…。

現在の人気女優ぶりからは、想像つかないですね(汗)

受からなかった時には、早稲田大学の演劇研究会に入ろうと、小学校低学年から決めていたとか。

塾に通っては猛勉強し、中高一貫の進学校である私立四天王寺中学校へと進みました。

2005年、中学在学中に、ホリプロが創業45年を記念して主催した、

『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 〜屋上の天使』

の出演者オーディションで、9621人の応募者から主演の座を獲得し、シンデレラガールとして女優デビューを果たました。

すごいですね!

全然受からない時もあれば、ものすごい競争率を勝ち抜くときもあったり、高畑充希さんはなんだか底知れない人ですね。

私が高畑充希さんを知ったのは、

2015年1~3月期のドラマ『問題のあるレストラン』(フジテレビ)

です。

セクハラを受けても、にこやかにやんわり逃げる『嫌』といえない、女子従業員の役をやっていたのが印象的でした。

あのドラマでの役では、高畑充希さんは、『ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞』を受賞されていたんですね。

その後『過保護のカホコ』がハマり役で、

『カホコ』=高畑充希

そんな認識が、世間に広まった印象があります。

今秋ドラマ『同期のサクラ』のあらすじ

【登場人物】
北野サクラ(主演 高畑充希)

大手ゼネコン「花村建設」の社員。夢は故郷の離島と本土との間に橋を架けること。どんな困難が降りかかってきても、決して自身の考えを曲げない

月村百合(橋本愛)

大手ゼネコン「花村建設」の社員。サクラと同期で入社後配属までの研修期間で同じグループになった5人のうちの1人。自分が抱いている夢に向かって常に真摯であり、そのために常に自分の居場所を探し求めている。

木島葵(新田真剣佑)

大手ゼネコン「花村建設」の社員。サクラと同期で入社後配属までの研修期間で同じグループになった5人のうちの1人。新入社員にも関わらず「花村建設」の社長を目指すと明言する野心家。

清水菊夫(竜星涼)

大手ゼネコン「花村建設」の社員。サクラと同期で入社後配属までの研修期間で同じグループになった5人のうちの1人。熊本県出身で何事にも熱くなれる性格なのだが、サクラのように将来的な目標が定まっていない。

土井蓮太郎(岡山天音)

大手ゼネコン「花村建設」の社員。サクラと同期で入社後配属までの研修期間で同じグループになった5人のうちの1人。何事にもコツコツ取り組む努力家ではあるが、前向きな考え方に持ち込めない傾向がある。

火野すみれ(相武紗季)

大手ゼネコン「花村建設」人事部勤務。サクラたち新人社員の研修を担当する。サクラとは10歳離れており、働く母としても奮闘中。

黒川森雄( 椎名桔平)

大手ゼネコン「花村建設」人事部長。3週間、サクラたち新入社員を正式配属まで預かり、それぞれの配属先を決定する重要な責務を負う。今後10年間、サクラの上司として深く関わっていくことになる。

【あらすじ】

北の小さな離島から、1人上京した主人公・北野サクラ(高畑充希)。

大手ゼネコンに入社したサクラは、入社式で

「故郷と本土を結ぶ橋を架けること」が夢だと社長に宣言する。

夢に向かい、脇目も振らずに突き進むサクラ。
最初は遠巻きに見ていた同期たちも、徐々にサクラに巻き込まれ……。

配属に影響する大事な新人研修。
社長の理不尽な言動に“忖度できない”サクラは、思わぬ事態を引き起こす。

どんな逆境にも自分を貫く主人公・サクラと、その同期たちの10年間の物語。

引用:https://dorama9.com/

『10年変わらない』『忖度できない』主人公・サクラの10年を、1話ごとに1年ずつ進めていくオリジナル脚本。

新社会人となる時、誰しもが夢や希望に胸膨らませ、雇用してくれた会社の扉をくぐるものですが、結局は、夢と現実のギャップに打ちのめされ、理不尽とも感じる上司や企業の意向に、忖度し流されていくものですが…

主人公の北野サクラは、まったく『忖度』しません。流されません

「変わっていくことが大人になること?」

「大人になるって何だろう?」

そんな不器用ともとれるような一途な女性、それが『北野サクラ』という女性です。

…やっぱり『カホコ』の影があるかも?

『カホコ』との違いを、高畑充希さんは、果たして演じ分けられるのでしょうか。

とても楽しみですね。

『同期のサクラ』のみどころは

なんといっても豪華キャストでしょう!

美人の橋本愛さんや、イケメンの新田真剣佑さんや竜星涼さん。個性的演技派俳優の岡山天音さんまで!

そして、ストーリー展開していく中で、観ている人が自分と重ね合わせてみてしまう役柄もあるはずです。

自分の社会生活とオーバーラップし、考えてしまうシーンもあるかもしれませんね。

PR動画を見つけましたので、ご覧ください。

『同期のサクラ』の放送はいつから?

『同期のサクラ』の放送は、

日テレ 2019年10月9日:水曜日 夜10時スタート!

です!お見逃しなく

結論:『同期のサクラ』は社会人には見逃せないドラマかも

さてここまで、主演の高畑充希さんの経歴や、『同期のサクラ』のあらすじ、みどころなど見てきたわけですが、最後に今回のポイントを振り返ってみましょう。

  1. 高畑充希さんは、十数回のオーデションを受け、そして全て落とされる(泣)
  2. しかし、ホリプロのオーデションには、9621人の応募者の中から選ばれる(笑)
  3. 『同期のサクラ』の主人公のキャラは、不器用で一途なところが『カホコ』に似ている
  4. 沢山の『同期』の中から、自分と被るキャラがいるかもしれない。

いかがでしたでしょうか。

放送日が待ち遠しいですね!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする