床嶋佳子のバレエで鍛え抜かれた美しさ!年齢に負けない秘訣は?

床嶋佳子

お母さん、デキる上司、女医さん、女刑事さん…etc

どんな役でも、ぴったりくる美魔女な女優さんといえば、床嶋佳子さんですよね!

元はバレエダンサーだったとか。

確かに年齢に負けない、鍛え抜かれた美しさ!美に関する書籍も、多数出版されています。

そんな床嶋佳子さんの、美しさ秘訣を徹底調査します!

床嶋 佳子さんのプロフィール

床嶋 佳子(とこしま よしこ)

生年月日 1964年9月23日 (年齢 54歳)

出身地  福岡県

血液型 A型

身長 162 cm

事務所 ホリプロ・ブッキング・エージェンシー

床嶋佳子さんは、6歳頃からバレエをはじめました。

13歳でブルガリアのヴァルナ国際バレエコンクール・ジュニアの部に出場します。

その後は、19歳で松山バレエ団に入団、20歳で小川亜矢子バレエスタジオに移籍を経て、

22歳の時に、全日本バレエコンクールで文部大臣賞を獲得します。

幼いころからずっとバレエを続け、大人になってから努力が実ったのですね!

習い事は、継続していくことが、とても難しく、そして大事なことだ、と私は思います。

また女優としても、多数の作品に出演され、最近ですと、

2018年

海月姫(フジテレビ)

月曜名作劇場税務調査官・窓際太郎の事件簿33(TBS)

執事 西園寺の名推理 第4話(テレビ東京)
日曜プライム検事・悪玉2(テレビ朝日)

2019年

記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜 第2話 (テレビ東京)

水戸黄門 第2シリーズ 第2話「鶴がつむいだ兄妹愛 -朝倉-」(BS-TBS)

などに出演されました。

バレエで体幹を鍛えて和服を色っぽく

床嶋佳子さん曰く

「着物って体の芯がないと着こなせないんです。

最近ではインナーマッスルとか、体幹という言い方をしますね。

体幹に軸を持った所作に色気とかが出るんですね。

それはバレエの体の動きと共通しています。

もし、私の着物姿が似合っていると、皆さんがおっしゃっていただけるなら、

そういうことなのかなと思います」

バレエの動きは、つま先立ちのまま脚を開脚しながらジャンプ。また元の位置にもどったり、

軸足一本でクルクルと回ったり、と体幹が鍛えないと踊れないですよね。

けして激しい動きではないのですが、まるで妖精のようにしなやかな動きのバレエは、身体の柔軟性と体幹の強さが、可憐な動きを左右するのですね!

そんな床嶋佳子さんですが、2013年に

DVD付き 床嶋佳子のバレエストレッチ・美メソッド 

という書籍を、出版されています。

内容を簡単に説明しますと、

1日5分でマイナス10歳のアンチエイジング

若返りのポイントは「背中」にあり!

タオル1本で、バレリーナのようなしなやかな動きで、

「背中」を引き上げ鍛えるエクササイズのようです。

気になる方は、アマゾンなどでチェックしてみてはいかがでしょうか。

床嶋佳子さんが、今までもずっと独身だった!

『過去に結婚していましたが、今は独身』

の女優さんは沢山いますが、床嶋佳子さんの場合、ずっと独身であったことが判明しました!

『今までご縁がなかった』

というのも事実ですが、現在のお住まいは都内の高級マンションであったり、ボディメンテナンスは、高額入会費のスポーツジムであったり、とプライベートはかなりお金をかけているようです。

結婚すると、自分一人のためだけに、お金を使えなくなりますよね。

なんでも旦那さまと相談して決めたり、子供が生まれたら、養育費を積み立てたり…

また自分一人のペースで時間を使う事も、通常は、はばかられますよね。

そう考えると、床嶋佳子さんの美を保つには、お金と時間が必要で、それらを、誰に気兼ねすることなく、使える事も美を保つ秘訣なのかもしれませんね。

床嶋佳子さん『アウト×デラックス』に出演決定!

独身貴族の床嶋佳子さん、この度、来る8/8(木)夜11時~ フジテレビ『アウト×デラックス』に出演決定いたしました!

独身貴族の悠々自適と思われた床嶋佳子さん。実は寂しすぎて『アウト×デラックス』に出演してしまうことほどアウトな部分があるとか…。

気になりますね!

結論:床嶋佳子さんの美しさの秘訣は『努力』と『お金』と『時間』

さてここまで、床嶋佳子さんの年齢に負けない美しさの秘訣などを、見てきたわけですが、最後に今回のポイントを振り返ってみましょう。

  1. バレエのエクササイズで体幹を鍛える。
  2. 独身のメリット、自由なお金と時間がある。
  3. しかし独身が寂しく、アウトな言動も?!

いかがでしたでしょうか。

床嶋佳子さんの生き方を参考に、いつまでも、若く美しくセクシーに生きたいものですね!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする