松崎順一は空間デザイナーで家電蒐集家『ラジカセのデザイン』著者

松崎順一

12/10の『マツコの知らない世界』は、『カセットテープの世界

ファクトリー「デザインアンダーグラウンド」代表の松崎順一さんをお迎えして、カセットテープの魅力を教えていただきます。

カセットテープって…

昭和の時代の音楽用の録音ソフトですよね?(汗)

今、きてるらしいです。

松崎順一さんは、

空間デザイナーであり家電蒐集家(かでんしゅうしゅうか)でもあります。

ラジカセデザイン著者でもあり、

また現物のラジカセデザインのプロデュースもされています。

少し毛色の違った松崎順一さんのプロフィールを、徹底調査しました!

松崎順一さんのプロフィール(時々、突っ込みます(笑))

松崎 順一(まつざき じゅんいち)

生年月日  1960年8月16日(59歳)

↑大先輩が自由に生きていると希望がわいてきますね!

出身地 東京都

職業 空間デザイナー・デザイナー・家電蒐集家(かでんしゅうしゅうか)

ファクトリー「デザインアンダーグラウンド」代表

↑いろいろと挑戦していますね

松崎順一さんは空間デザイナー『エルメス』のディスプレイの仕事も

現在、断りきれないくらい沢山の仕事が舞い込む松崎順一さんの仕事は、ラジカセの展示会、ファッション店のディスプレイ、テレビドラマの演出…etc

ブランド『エルメス』のディスプレイは、もう長い事依頼が続いているようです。

42歳で、デザイン会社を辞めて独立。

ファクトリー「デザインアンダーグラウンド」を立ち上げます。

最初の4、5年は鳴かず飛ばずで、生活も苦しかったそうです。

ですが、

「こういうの、できますか?」

という単発的で、しかもイレギュラーな依頼を、大切に丁寧にこなしていくうちに、現在では断りきれないほど忙しくなったのだとか。

松崎順一さんの『ラジカセのデザイン』はどんな本?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラジカセのデザイン!増補改訂版 JAPANESE OLD BOOMBOX DESI [ 松崎順一 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/12/5時点)

楽天で購入

まんまタイトル通り、ラジカセのデザインがメインに、様々な仕様の説明も施された本でした。

商品カタログのように必要以上にもちあげ、購買意欲をあおる感じではなく、本当に好きな人のために作られた本のようです。

昭和の古き良き時代のレトロ感が、本全体を包んでいて、骨董的な価値を感じます。

松崎順一さんは家電蒐集家『デザインアンダーグラウンド』も人気

42歳の時に、東京都足立区にファクトリー「デザインアンダーグラウンド」を設立。

そこで、日本製ラジカセを主とした1970年代以降の家電製品を発掘したり蒐集したり、

そして整備&カスタマイズして、イベントやアート展を企画&開催されました。

さらにNHK「とと姉ちゃん」「ひよっこ」など多数の番組の家電に関する時代考証を監修、

演出も手掛けました。

NHKから依頼なんて、すごいですね!

色々と一つの仕事を糸口として、次々と連想ゲームのように仕事を広げている感じですね。

創造力が重要で、それさえあれば無限に広がっていくお仕事のような気がします。

昭和レトロの骨董品を修理したり、蒐集(しゅうしゅう)したりするだけでは、ただの古物商だけで終わってしまうところを、松崎順一さんは、さらにデザインの方向性にも広げていったのは凄いと思います。

デザインの会社でデザイナーとしての経験を大いに活かし、

好きなラジカセで、

希少価値さえ感じる職業に就いたのですね!

ファクトリー「デザインアンダーグラウンド」

所在地: 〒121-0062 東京都足立区南花畑5丁目15

都営保木間第5団地14号棟

結論:松崎順一さんは温故知新な創造家

さてここまで、松崎順一さんのプロフィールや現在の仕事について見てきたわけですが、最後に今回のポイントを振り返ってみましょう。

  1. 松崎順一さんはブランド『エルメス』のディスプレイも長年手掛ける
  2. 松崎順一さん著書『ラジカセのデザイン』は本当に好きな人が喜ぶ本
  3. NHK「とと姉ちゃん」「ひよっこ」など多数の番組の家電に関する時代考証を監修、演出
  4. ファクトリー「デザインアンダーグラウンド」は家電製品を発掘&蒐集(しゅうしゅう)。整備&カスタマイズ。イベントやアート展も企画&開催

いかがでしたでしょうか。

昭和レトロな『カセットテープ』が令和の現在きてるように、松崎順一さん自身が『カセットテープ』のような『創造力』という魅力を持った人でした!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする