渡部竜生キャンピングカー引きこもりガイド【マツコの知らない世界】

渡部竜生

次週の『マツコの知らない世界』は、『 進化する車の世界』

キャンピングカージャーナリスト渡部竜生さんをお迎えして、キャンピングカーの魅力を教えていただきます。

渡部竜生さんにガイドしていただき、マツコさんは『引きこもり』宣言!?

渡部竜生さんは、一体どんな人なのか

引きこもれるほどのキャンピングカーの便利さなど

徹底調査しました!

 

 

渡部竜生さんのプロフィール(時々、突っ込みます(笑))

渡部 竜生(わたなべ たつお)

出身地 東京都

生年月日  1964年生まれ(55歳)

出身校 千葉大学 工学部

↑工学部のジャーナリストはレアかも。だから技術もわかるフリーライターさんなのですね!

家族構成 奥さん

猫6匹

↑猫6匹はやばくないですか(笑) 相当の猫好きですね☆

現在の活動および職業

キャンピングカージャーナリスト

フリーライター

セミナー講師

↑現在、テレビもひっぱりだこのようですね!

渡部竜生さんはどんな人?技術も語れるフリーライター

マーケティングリサーチ、画像・印刷関連企業を経て、フリーライターに転身。

主に技術系雑誌への執筆や企業パンフレット制作などに携わる。

最初は、車のジャンルではない企業でしたが、技術のことや執筆は、この時に培われたんですね。

元来の車好き、バイク好きであること、

自身も二輪レースに参戦した経験から、

  • 車の構造
  • 足回り
  • 電装系
  • エンジン技術
  • 素材技術

への知識を生かし、

キャンピングカーの主にハード面からのアプローチに定評がある。

車のちょっとしたトラブルにも対応できるのは、心強いですよね!

執筆の経験からも、アドバイスは、きっとわかりやすそうです。

あくまでユーザーの立場に立っての情報発信を心がけ、キャンピングカーショーでは来場者向けセミナーやパネルディスカッションで好評を博す。

『パネルディスカッション』っていうのは、面白いですね。

『パネルディスカッション』とは、対立した意見を述べて、きいている、ここでは『ユーザー』も参加しての討論、ということですが、興味のある人が集まっているわけですから、さぞ白熱したのでしょうね!

終わる頃には、よりキャンピングカーが、好きになっていたことでしょう。

近年では、拡大の一途をたどるキャンピングカーショー事務局へのコンサルティング、アドバイス、PR業務も担当。

キャンピングカー人気に呼応して増加している、テレビ番組制作のアドバイスや取材・撮影コーディネート、コメンテーターとしての出演も多い。

引用:https://allabout.co.jp/

幅広く活躍されてますね!

キャンピングカーに特化して詳しい人は、まだ少ないと思うので、きっとひっぱりだこなのだと思います。

渡部竜生さんが語るキャンピングカーの魅力

実は、渡部竜生さん、アウトドアは苦手だったそうです。意外ですね!

「いつでも思い付きで動ける」

「本当にリラックスできるプライベートな空間を持ち歩ける」

「行き先は野山じゃなくてもいい。アウトドアしなくてもいい」

「アイデア次第で使い方は無限大である」

そんな自由度の高さに、気づいてしまったのだそうです。

この17年間で、日本のキャンピングカー事情はだいぶ変わったんだとか。

以前は、欧米からの輸入車が多かったのに、いつしか、日本の道路事情や余暇事情に合った、より優れた国産車が、どんどん生まれてきたそうです。

最新の電化製品や水回り、断熱、といった住宅技術もどんどん取り入れられ、

愛するペットも、いつでも一緒に出掛けることができます。

つい先日の台風19号、

実は私、避難所へ愛猫と向かいましたが、

「ペットは、屋外に置いてください。」

と言われ、耳を疑いました。

「え?今、猫を、暴風雨の中に置いて来いって言われたの?」

『同行避難』の受け入れは、前もって市役所で調べて出向いたので、半ば混乱しながら、避難所を出て家へ引き返しました。

東日本大震災後、大量の迷い犬猫が路頭を迷ったことにより、

「ペットも一緒に避難しましょう」

という『同行避難』が法令化されたのですが、現場にはそれが浸透しておらず、動物アレルギーの人と別室準備ができなかったため、このような対応になってしまったのだと思います。

そういう問題にも、もしかしたらキャンピングカーが解決してくれるかもしれませんね!

渡部竜生さん『マツコの知らない世界』に出演決定!

次週の『マツコの知らない世界』の放送予定は、

TBS 2019年10月22日(火)  20時57分~

です。

お見逃しなく!

結論:渡部竜生さんはひょっとすると同行避難の救世主かも

  1. マーケティングリサーチ、画像・印刷関連企業を経て、フリーライターに転身。
  2. 技術系雑誌への執筆などの仕事から、技術を学び、執筆を磨いた。
  3. 「いつでも思い付きで動ける」等のキャンピングカーの自由度の高さに気づく
  4. 災害時のペットとの『同行避難』。もしかしたら、キャンピングカーが解決できるかも!?

いかがでしたでしょうか。

次週の放送みたら、キャンピングカーが欲しくてたまらなくなるかもしれませんね!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする