山梨智也(天津飯)出身大学の経歴がヤバい!パラレルキャリアの現在

天津飯餡だく

2/11の『マツコの知らない世界』は、『天津飯の世界』

週5で天津飯を食べまくる『天津ハンター』山梨智也さんをお迎えして、天津飯の魅力を教えていただきます。

週5って…すごいですね!

もしかして土日は仕事が休みで家にいるから、『仕方なく』奥様の手料理を食べているって感じでしょうか(笑)

週5の『天津ハンター』もすごいですが、なんと山梨智也さん、出身大学経歴がヤバいんです!

同じ大学に何度も…

また山梨智也さんの現在は『パラレルキャリア』の実践者だったりもします。

パラレルキャリアとは、本業をもちつつ、別の仕事や活動を行って複数のキャリアを築くこと。

昨年から始まった『働き方改革』で副業やコミュニティ運営をする人が増えてきました。

山梨智也さんもまさに、その一人ってことですね。

山梨智也さんの出身高校や大学などのプロフィールは

山梨智也さんの出身大学のちょっと変わった経歴とは

現在、どんなパラレルキャリアを実践中?

など、徹底調査します。

山梨智也さんのプロフィール(時々、突っ込みます(笑))

山梨 智也(やまなし ともや)

出身地 静岡県静岡市

生年月日  1981年1月生まれ(39歳)

出身校と経歴 江尻小学校

清水市立第一中学校

静岡県立清水東高等学校

静岡県立大学 食品栄養科学部 栄養学科(現、栄養生命科学科)2年生で中退

同大学経営情報学部に再度入学

卒業後、

『フードストアあおき』で正社員として3年間働いて退職

再び同大学食品栄養科学部 食品生命科学科3年生へ編入学

2016年3月、同大学大学院で博士(食品栄養科学)を取得

↑なんか…すごいですよね。気になることはトコトン追求&研究したいタイプなんでしょうか

勤務先 株式会社鈴与総合研究所

活動 清水みなとまちバル 実行委員長

山梨智也さんの変わった経歴の原点は商店街にあった実家の惣菜屋

山梨智也さんは、静岡県立大学の食品栄養科学部を2年で中退して、経営情報学部に入り直したのに、大学卒業後、勤務先を3年で辞めて、静岡県立大学の中退した食品栄養科学部にまた入り直しています(汗)

びっくりです!

こんな大学の経歴を持っている人がいるでしょうか!?

当初勤めていた『フードストアあおき』で、3年間ひたすら惣菜を作り続けて、毎日惣菜と向き合っているうちに、また食品栄養学への思いが強くなって、大学に戻ったそうです。

惣菜への思いが強くなった要因は、山梨智也さんのご実家が、商店街の中の惣菜屋だったこともあります。

現在は残念ながら、閉店してしまったそうですが…。

生まれたときから食品に囲まれて育ったんです。自然と食品に興味を持ったというか、運命というか、使命というか・・・。食品に拘り続けてきたのは、いつも店に並んでいる惣菜を目にしていたからだと思います。

引用:http://kenzine.jp/shizuoka/static/special/201804.php

なんだか、メーテルリンクの『青い鳥』みたいです。

使命をさがしていたら、生まれた時からそこにあった、みたいな。

それにしても、大学って勉強したくなったら、いつでも入学していいものなんですね。

もちろん入学には試験に合格しないといけないかもしれませんが。

現在は、昭和末期ほど若者が減ってるから、学びたい社会人も歓迎してくれそうです。

山梨智也さんは、食品栄養科学部に再入学した後、そのまま大学院に進み、

2016年3月、博士を取得したそうです。

すごいですね!

パラレルキャリアは会社勤めと商店街活性化の実行委員長

山梨智也さんは、大学院を卒業後、株式会社鈴与総合研究所で研究員として働く傍ら、『清水みなとまちバル』の実行委員長を担っています。

『清水みなとまちバル』とは、商店街の活性化を目的とした団体で、イベント運営などを主に手掛けているそうです。

パラレルキャリアっていうと副業とか、自分の好きな趣味を前のめりに行うことだと思いましたが、商店街おこしのボランティアですね。

『みかえり』がない分、本業が忙しい時はしんどすぎるのではないかと思うのですが…

「全然大変じゃないですよ! いつもの仲間と秘密基地で会うだけです(笑)」

と、笑って答える山梨智也さん。

年齢は20代後半から70代のおじいちゃんまで、みんなでワイワイ集まって、時には飲みながら楽しく、商店街を盛り上げる作戦を練っているそうです。

生まれ育った商店街に新たなコミュニティが生まれて、

仲間と一緒に目標に向かって取り組んで

これはとても幸せなことだし、感謝だし

と、山梨智也さん。

すごくピュアで真っ直ぐな人だなぁ。。。と思いました。

また、

仕事で活かせるようなスキルアップのために勉強したりすることは苦になりません。

それに、仕事とは全く関係のない活動であってもそこには意義があって、人との出会いであったり、業種の違う人たちからの刺激だったり、自分に必要なものがたくさん身についています。

僕にとって本業も地域活性化のイベント運営も大事な仕事です。

引用:http://kenzine.jp/shizuoka/static/special/201804.php

と、本業と格差をつけずに、一所懸命取り組む姿勢がうかがえて、

だからこそ、山梨智也さんは、人よりぬきんでてスキルアップがはかれていそうです。

すごい人ですね!

『マツコの知らない世界』の放送予定は

次週の『マツコの知らない世界』の放送予定は、

TBS 2020年2月11日(火)  20時57分~

です。

お見逃しなく!

結論:山梨智也さんは本業と商店街活性化を、楽しんで掛け持ちし、楽しんで学ぶ人

さてここまで、山梨智也さんのちょっと変わった出身校の経歴と清水みなとまちバル実行委員長の活動を見てきたわけですが、最後に今回のポイントを振り返ってみましょう。

  1. 山梨智也さんは、週5で天津飯を食べまくる『天津ハンター』
  2. 山梨智也さんは静岡県立大学の入卒退をくりかえす。食品栄養科学部➔経営情報学部、卒業後、就職。勤務先を3年で辞めて、また静岡県立大学の中退した食品栄養科学部に再入学
  3. 山梨智也さんのパラレルキャリアは、会社勤めと商店街活性化の実行委員長
  4. 楽しく活動し、勉強にもなって更に楽しく!「本業も地域活性化のイベント運営も大事な仕事」と語った。

いかがでしたでしょうか。

こんなに実直で勤勉で、尚且つそれを楽しんで行っている山梨智也さん。

人間力ハンパない人だと、私は感じました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする