柚希礼音が『今くら』出演!退団パレード過去最高1万2千人の逸話

柚希礼音

ぱっと見た感じ、線の細い女性らしい柚希礼音さん。

ところが、4年前に宝塚で、平均2~3年のところ6年も、男役トップスターの座に君臨されていた方なんです。

あまりの人気に、宝塚を退団する際のパレードに、過去最高1万2千人を集客したとか!

次週の『今くら』にゲスト出演されます。

ゴールデンバラエティーは、2年半ぶりという柚希礼音さん。

宝塚の歴史を塗り替えてしまった、様々な逸話をお話しくださるそうです!

その前に、柚希礼音さんが一体どれほどすごい人だったのか、徹底調査します。

柚希礼音さんのプロフィール

柚希 礼音(ゆずき れおん)

生年月日 1979年6月11日 (年齢 40歳)

出身地  大阪府 大阪市 福島区

身長 172 cm

血液型 B型

職業 女優

事務所 アミューズ 

公式サイト 柚希礼音 公式プロフィール  

柚希礼音さんはどんな人?宝塚での活躍は

9歳の時

『仲の良い友達が、バレエを始めて遊んでくれなくなったこと』

が、きっかけで柚希礼音さんもバレエを始めました。

当時から背が高かったので、バレエ教室の講師から度々宝塚志望を勧められるも、本人至って興味なし

高校在学中に身長が伸びすぎたため海外留学を考えますが。またしても、バレエ教室の講師や両親の熱心なすすめに根負けし、宝塚歌劇を志すようになりました。

1997年、宝塚音楽学校入学。

1999年、85期生として宝塚歌劇団に入団。

入団時の成績は40人中2番というトップクラスの成績でした!

その後も、入団1年目ながら出世役と言われるドアボーイ役に抜擢されたり、

2000年には、ドイツ・ベルリン公演『宝塚 雪・月・花/サンライズ・タカラヅカ』に選抜メンバーに選ばれました。最下級生での参加でした。

2001年には、なんと『ベルサイユのばら2001』の新人公演アンドレ役に抜擢されました!

どんどん大役に抜擢されてすごいですよね!

2009年4月、ついに入団11年目で、星組トップスターに就任します!

2014年11月、日本武道館にて『REON in BUDOKAN〜LEGEND〜』を開催しました。

これは、1998年に当時花組のトップスターだった真矢みきさんが行って以来、16年ぶりとなるリサイタルでした。

この公演は、観客参加型で休憩なし2時間というハードな公演でしたが、ファンを大切に思い

う、柚希礼音さんの

一緒に楽しもう!

というサービス精神が、沢山込められたものでした。

ここが、人気が爆発的に上昇した所以なのかもしれませんね!

伝説の退団『さよならパレード』過去最高1万2千人

2015年5月10日、『黒豹の如く/Dear DIAMOND!!』の東京宝塚劇場公演の千秋楽をもって柚希礼音さんは、宝塚歌劇団を退団することになります。

千秋楽公演は、宝塚歌劇のライブ中継史上最大規模で行われました。

  1. さいたまスーパーアリーナ
  2. 宝塚バウホール他
  3. 全国45ヵ所の映画館
  4. なんと、台湾の映画館でも生中継されたほど!

総勢2万6000人を動員しました。

終演後、東京宝塚劇場前で行われた『サヨナラパレード』には、1万2000人が集結し、これがなんと、過去最高を記録します!

平成に入団した生徒では、柚希礼音さんのトップ就任は、6年となり、春野寿美礼さんを抜いて、第1位となったそうです。

なんだか…、舞台のお芝居よりもドラマチックです。

柚希礼音さんはまるで、宝塚でスターになるために、生まれてきたようにも感じてしまいます。

次週の『今夜くらべてみました』の放送予定は

次週の『今夜くらべてみました』の放送予定は、

日テレ 2019年8月28日(水) 21時00分~

です。お見逃しなく!

結論:柚希礼音さんは、宝塚で輝く星になるために生まれてきた!

さてここまで、柚希礼音さんの輝かしいスターへの階段を、恍惚の溜息と共に見てきたわけですが、最後に今回のポイントを振り返ってみましょう。

  1. 最初は宝塚に興味なし。講師や両親の熱心な勧めに根負けで目指す
  2. 入団時の成績は40人中2番というトップクラス
  3. その後トントン拍子に重要な役に就き、入団11年目で、星組トップスター 6年就任
  4. 『サヨナラパレード』には、1万2000人が集結。過去最高!

いかがでしたでしょうか。

こんな華やかな人生を送る人がいるんですね!

きっと、見えないところで、並々ならぬ努力をされてたと思います。

しかし、神々しいスターのオーラは眩しすぎて、それを隠してしまいましたね…。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする