EXIT兼近大樹の出身はどこ?高校中退の泣ける理由

兼近大樹

出典:https://www.excite.co.jp/news/article/Asajo_74896/

パリピ口調(パリピくちょう)のチャラ男に扮して、しゃべくるネオ渋谷系漫才で、人気上昇中のEXIT

次週の『メレンゲの気持ち』にゲスト出演します。

『全ての人の辛いこと、ストレスの出口になれれば』

と、 コンビ名の由来をきけば、結構いいやつっぽいことを言うんですよね。

コンビセットで書くと、超長編になっちゃいそうなんで、まずは兼近大樹さんについて書こうと思います。

兼近大樹さんは、『高校中退』ということなんですが、高校を自主退学した理由が、泣けるんです。

出身はどちらなのか、高校中退した泣ける理由はなんなのか、徹底調査します。

兼近大樹さんのプロフィール

兼近 大樹(かねちか だいき)

生年月日 1991年5月11日(28歳) 

出身地 北海道札幌市北区

血液型 O型

身長 172cm

著名な親族 おじ:札幌よしもとに所属していた元芸人

出身校 東京NSC19期(兼近)

旧コンビ名 SCANDAL(仮コンビ)

事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー

公式サイト プロフィール

極寒の地での極貧生活。お父さんの会社倒産そして離婚

出身は、北海道札幌市だったんですね!

渋谷じゃないんだ…

お父さんは会社経営をされて、一時は裕福な生活をしていたようですが、会社が倒産してしまい、一気に極貧生活を強いられるようになりました。

  1. 捕まえたクワガタを一匹50円で、生活の為、父親に売られてしまったことがあったり
  2. また、北海道の極寒に、雪の吹き込むあばら家に住むことになったり
  3. ティッシュを一枚に剥がし、マヨネーズをつけて食べたり

結局、お父さんとお母さんは、離婚してしまいました。

離婚の原因が、またもや『クワガタ』という噂も。

というのも、極貧生活なのに、クワガタの標本集めが趣味なお父さん。毎月すくない給与からクワガタを買っていたそうな(汗)

そりゃ、愛想つかされるわ…。いや、真偽はわからないですが…(汗)

お母さんは、昼は工場&夜はスナックで働き、女手一つで、なんと子供4人も育てました。

今の時代のように、子持ちのお母さんが働くことを、歓迎された時代ではなかったので、4人を食べさせていくのは、本当に大変だったと思います。

こうして、兼近大樹さんの極貧生活は、まだまだ続くのです。

いや…お父さんのクワガタ代がなくなった分、少しは楽になったのでしょうか。

兼近大樹さんは中卒…正しくは高校中退。その理由は

お母さんは、身を粉にして働いていましたが、限界でもあり、そこで兼近大樹さんが立ち上がったのです。

兼近大樹さんも中学卒業と共に、家計を支えるべく、高校は定時制を選び、朝は新聞配達昼は建設業のアルバイトを始めました。

しかし、これからの妹の進学費用を考えると、とても足りず、仕事を優先するべく定時制高校を自主退学してしまいます。

だから、学歴は中卒。正確には定時制高校中退…。

こんな美談は、昭和の時代で終わったのかと思っていました。

兼近大樹さんは、なんて家族想いなのでしょうか。

冒頭お伝えしたEXITの由来、

『全ての人の辛いこと、ストレスの出口になれれば』

この言葉の裏にある、兼近大樹さんの『人となり』を感じたエピソードでした。

次週の『メレンゲの気持ち』の放送予定は

次週の『メレンゲの気持ち』の放送予定は、

日テレ 2019年8月24日(土) 昼 12時~

です。お見逃しなく!

結論:兼近大樹さんは全然チャラくない、人間性高い人だった!

さてここまで、兼近大樹さんの生い立ちや人となりを見てきたわけですが、最後に今回のポイントを振り返ってみましょう。

  1. お父さんの会社が倒産し、極貧生活
  2. お父さんとお母さんが離婚し、引き続き極貧生活
  3. 定時制高校に通い、朝昼と働き家計を支える
  4. 妹の進学費用などを考え、仕事を優先し自主退学

いかがでしたでしょうか。

チャラい人かと思いきや兼近大樹さんは、家族思いで、そして他人にも心を配れる人間性の高い人でした!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする